2009年06月08日

成功者は何故大損失したのか

 皆様おはようございます。

 月曜はあまり売買しないので、朝もゆったりとしてます。

 さて、相場の成功者の多くは、それこそ信じられない位の大損失を経験しているものです。

 あんなに努力家で頭の良い人達が、何故に無謀な相場を張るのかと疑問に思った事はないですか?

 そして自分はそんな事はしない、だってこれらの人のやった失敗を知っているのだから・・・

 この様に考えて、相場を続ける内、ここでも多くの相場人が先達と同じ道を歩んでしまう事に気付きます。

 相場を知るという事は、本で読んで頭で分かる事じゃあないんですよね。体験が大事なんです。

 これは本当にやってみなくては分からない。

 例えば、仮にドル/円を110円で買っていて、昨年の10月27日の大暴落でも将来はドルは110円には戻るんだからと、1千万の資金が50万円くらいになっている時に、ノホホンとしていられるものでしょうか?

 これらは経験してみないと分からない恐怖であり、結果を本で読んで、「やっぱり戻すんだからここは耐えないと男じゃねぇな」って言うのは、馬鹿の理屈なんです。

 しかし、これを結構やってるんです。過去のチャートを見て、「ここは買い、ここは売り、これでバッチリだからこれでトレードだ!」・・・心当たりのある方居られませんか?

 後の成功者も、相場を知っているつもりになり、満玉に近く張り、破産したのです。そして、自分は相場のなんたるかを知らなかったと気が付いたのですね。

 相場に徹底的にやられた人ほど、開眼は早いものです。いつまでも中途半端でいるよりはその方が良いと言えます。

 よく、投資家が損しない為にという謳い文句で本を書いている人がいますが、あえて私は損も結構と言います。

 実際に痛い目に合わずに生き残った人は皆無に等しいのですから・・・

 問題はそこからいかにして這い上がるかなのです。

ブログランキング

人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。

ブログセンター
ブログランキング 通貨/為替 ←こちらなんかも、もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。

posted at 08:13
Comment(6) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:成功者は何故大損失したのか
2009年06月07日

FX業者とトレーダー

 皆様、おはようございます。

 FXの業者について悪口を書いていたりする日記がありますよね。その方はそれなりに嫌な思いをされたのでしょうね。

 ただ、私の考えは、まずは色々な所を使ってみて、注文機能、トレードの条件、様々なサービスが自分に合っているかどうかだけだと思います。

 今はまだ多くの業者さんが、キャンペーンをしていて、試してみるには有利な状態ですから、何事も体験してみなければ分かりはしない事を考えれば、チャンスは今だと思います。

 私の経験では、注文時に確認する事が多くて、決済のチャンスを逃してしまった事や、出金に手数料を取られる会社があったり、ロールP−バーが出来なくて仕切られていたり、売り、買いのペアで仕掛けて一つのペアにして利益に持って行きたかったのに、一つ一つの銘柄の対してロスカットが設定されていて、片方だけ強制ロスカットにあったりしました。

 また、1ロットの単位にも注意で、0.1ロットが1万通貨のところで、知らずに1ロット注文すると10万通貨取引となってしまいますのでご用心。

 各社に違いがあり、当然店頭であれば、スプレットも違ってきますので、数十万単位で取引すれば利益にも相当違いが出てくる事でしょう。

 このスプレットですが、私のようなスタイルでのトレードの場合は、殆ど無視できるものですが、時間枠が短いもので頻繁にトレードするものについては重要な問題ですから、業者選びの基準のひとつになりますよね。

 私のところにもバナーが張ってありますから、各社ホームページ等で、確り確認してみて下さい。

人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。

ブログセンター
ブログランキング 通貨/為替 ←こちらなんかも、もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。

 
posted at 06:41
Comment(8)
カテゴリー:日記
エントリー:FX業者とトレーダー
2009年06月06日

深く悩み、深く知る

 皆様おはようございます。

 ちょっと宗教臭くなっちゃいますが、決して宗教の勧誘ではございませんので、ご安心を・・・私はそもそも無宗教ですので・・・

 「後生の一大事」という言葉があります。死後の生活とでもいいかえましょうか。この事は死んだら地獄に落ちるかも知れないという恐怖心から、生きている間に何をしなければいかないかを考えさせ、あの親鸞聖人を20年間悩ませ続けた訳です。

 親鸞聖人はこの一つの事の為に、苦行を20年続けた訳ですが、それでも答えを知る事は出来ませんでした。そして、法然聖人に会い悟る訳ですが、もし、20年の苦行をしていない状態で、この出会いがあったとしたら、どうでしょうか?

 20年間自力信仰を正しいと信じ、それ一途にやって来た親鸞聖人が、突然他力信仰へと転換するのには、相当な葛藤があったとみて良いのではないでしょうか?

 人一倍努力家である親鸞聖人の事、ここでも人一倍、いや人二倍以上は悩まれたのだろうと思うのです。

 さて、何故長々と宗教臭い話をしたかと申しますと、実際努力家ほど深く悩むものであり、その悩みが深い程、その代償として深い答えが得られるのだという事なんです。

 つまり、相場において色々な経験をし、それらについて悩み、迷う事は多いが、それから逃れ、上辺だけの手法をあれこれ探し、いつもやりかたを変えていては、相場を深く知る事は出来ないという事です。

 一つの技法、少数の銘柄に絞るというのは、こころ細いものです。多くの技法、多くの銘柄を持つという事は、何かは上手くいくだろうという安心感はたしかにあります。

 しかし、決して深くはなれないのです。上達が出来ないという事になります。多くの銘柄を持つFAIは一つのやり方に限定しますので、これは一技法に絞ったやり方になります。

 ここで言う、多くの銘柄を持つ悪いやり方は、この銘柄はこの方法、この銘柄はあの方法という多彩なやり方を示します。

 たった一つを、ふか〜く追求する事、この道を皆さんも歩んでみませんか?

人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。

ブログランキング 通貨/為替 ←こちらなんかも、もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。

ご自分の手法がまだ固まっていないという人。方法論の一つとしてご参考に
      ↓
『5万円を元手に6ヶ月で1,000万円を突破させ、9ヶ月で1億円越えを達成させた!』

http://f001.sublimestore.jp/trace.php?shtq=383749KxayKf


無料CDプレゼント(松下誠)
http://123direct.info/tracking/af/145213/UvATTuER/


 投資以外で副収入を得たいとお考えの人はご参考に
      ↓

 http://www.infotop.jp/click.php?aid=139520&iid=28704





 

 
posted at 06:23
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:深く悩み、深く知る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。