日記:カテゴリの記事一覧です。

2009年07月01日

売買の研究について

  皆様、こんにちわ。


 売買についての研究というのは、大体がエントリーするタイミングの事についてが多く、それにちょっと高級になると損きりポイントについてが書いてあるくらいです。


 エントリーするタイミングは確かに大事です。ですが、それが全てではありません。極端な言い方をすれば、どこで入ろうが危険性は同じだというトレーダーさえいます。


 まあ、これは極端な例ですが、実際自分が選びに選んだ所が、最悪のポジションだったという事は無いとは言えないのです。


 何時でも、どの場所でも、上がるか下がるかの確率は半々なのです。これを本当に分かるには、苦き経験が必要です。


 エントリーのポイントの研究に没頭する人は、ポジションサイズの研究をしないため、単なるギャンブルになってしまっている事に気が付きません。


 そもそも、エントリーポイントの精度が上げられるのなら、相場は成り立たなくなるという事に気が付かねばなりません。


 相場はエントリーのゲームでは無く、資金管理のゲームなのです。


 この事が主体になっている商材は皆無です。何故なら絶対に売れません。試しに私がこのテーマに関して、1000円位の商材を作ったとしても、多分2〜3部しか売れないでしょう。


 しかし「一日5分!究極のテクニカルトレード!半年で1億も夢ではない!今なら30万円を48000円で!」・・・という商材は100部は軽く売れるでしょう。


 たとえそれが単に移動平均線のクロスに何かをちょっと付け足してみたものだとしても、売れたら後はどうでも良い訳で、その手法を販売者が使っている事はないでしょう。


 はっきりさせなくてはいけないのは、夢みたいに儲かる手法は、例えば1億儲かるなら、5千万くらいの値段が付いていてまともですよ。


 2〜5万の商材は10万も儲かれば、大したものだと褒めなければなりません。


 まあ、10万儲かって100万ほど失う気がしますが(笑)


 それでも、あえて私も少々の商材は紹介します。それは商材そのものが重要なのではなく、それを作るに至った経緯を勉強して欲しいからです。


 自分が大負けして喰えなくなって、仕方なく作った商材、たいして儲からないがまあこの値段なら文句も出ないだろうと考えて出す商材。何かの単なるコピーのようなもの・・・なんでもありです。


 でもね、それらから何かを学ぶ姿勢さえあれば、得るものはあるんです。その学ぶ姿勢にお金を掛けていると考えるのです。


 皆様がより進歩したトレーダーになれますように。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。



posted at 16:36
Comment(6) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:売買の研究について
2009年06月30日

なつかしいなぁ〜〜

皆様、こんばんわ。

 アクセス解析の機能にリンク元というのがあるのはご存知かと思います。

 そこで、ヤフーの検索で「商品先物 場帖」と調べて私のページに来られた方がおられました。ようこそです。

   そのURLはこれ
     ↓

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%95%86%E5%93%81%E5%85%88%E7%89%A9+%E5%A0%B4%E5%B8%96&search_x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=11&qrw=0


 その同じページ内に、大変なつかし〜ものを見つけたんです。


 それは「限男のローリング物語」


 これは、私がミクシーに連載していて、それをある有名サイトのオーナーが転載を希望されたので、もちろんOKという事で多くの人の目に晒され、笑いものなったのです。

 内容はご興味ある方はサイトにジャンプして頂きたいのですが、なかなか小説チックで面白いですよ。・・・って自分で言うな!


 今日は忙しくて、日記を書くのは諦めていたのですが、あまりに懐かしいものを見てしまい。思わず書いてしまいました。


 それでは、皆様の今晩のトレードが上手く行きますように。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。




posted at 21:29
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:なつかしいなぁ〜〜
2009年06月29日

指標の使い方

 皆様、こんにちわ。

 テクニカル分析を用いる手法をお使いの方も多いと思います。


 どの指標が良いのかは全く個人の好みです。特に優劣はないと思って結構です。ただ、特定の手法に合うか合わないかはありますので、各自研究を要します。


 私は売買の決定を指標を用いて行う事はありませんが、ある期間の売買方針を決めるには指標を使います。それも参考までにで、絶対の信頼をおく事はありません。


 指標を使って売買する場合は、指標を値動きに合わせてゆくようにパラメーターをいじくると、いわゆるカーブフィッテングを起こします。

 指標によって売買を決めてゆくならば、指標が示す売買のシグナルかルールに従い、例外を作らない事が良いと思います。


 あれも例外、これも例外だとして行くと、一貫したルールは出来ず、その結果指標は機能しません。


 指標を使おうが、使わなかろうが、トレードの成功の鍵は一貫性にあるのだという事に気づいてください。


 そして、この一貫性を貫く為に、指標を使ってルールを明確化しやすくしているのだという風になってください。


 皆様のご健闘をお祈りいたします。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。







 
posted at 14:30
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:指標の使い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。