2009年07月07日

思い込みによる失敗

    皆様、こんにちわ。


 トレードにおいては、色々な思い込みが、失敗の原因になります。


 最も多いのは、トレンドに対する自信です。よく、チャートを見ていますと、トレンドの方向が確認された気になり、それを絶対と思い込み、大きなポジションを持つ。その思い込みはなかなか修正されるものではなく、無理なポジションを維持してしまい、苦しんだり、大損したりする。


 これは、当然今後の予測に対しての思い込みです。だれも今後は予測できないのに、そう感じた事が絶対だとし、柔軟な考えが出来なくなる訳ですね。 


 これは指標などでも同じで、過去データが良好な事で、今後もそれは続くというのも、思い込みが出てきます。


 優秀なトレーダーには思い込みがありません。恐らく、過去に思い込みによる苦しい体験を積んだからだと思います。


 相場という大きな力の前に、個人の思い込みはなんの役にもたちません。


 ここで注意ですが、今後の相場に対しての計画的戦略をたてる事は、思い込みではないのか?という事について・・・・


 計画的戦略には、撤退の計画も含まれていなければならず、これが含まれている事自体、計画の絶対性を信じていないので、思い込みではありません。


 相場に絶対はないと言います。自分の思い込みをチェックしてみて下さい。


 皆様のトレードが上手く行きますように。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。







 
posted at 14:26
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:思い込みによる失敗
2009年07月05日

手法を習って、一発当てて、大金持ち!

  皆様、こんにちわ。


 相場をするって事は、優秀な手法を習い(あるいは探し)、それを使って儲ける作業だと思っている人は大勢いると思うんです。


 「そりゃ〜当然だろ!他にどうすんだ?」そういう声が聞こえてきそうです。


 相場という特殊な世界ですから、勉強してやり方を知り、夢を持って臨めば、金持ちになれると考えるわけですね。


 実はここに重大な過ちがある事に気が付かねば、資金を失うだけの結果になってしまいます。


 「え?どこどこ?勉強は大事だし、貧乏人でも夢をかなえられる所が相場なんじやないの?」とお思いでしょう。


 もちろん、私もそう考えていました。随分長い間・・・・そして、大きく失敗しました。


 私のやった手法は、理論的に安全であり結果的に儲かるというものだったのですが、それには徹底的な資金管理が必要で、なんとなくという感じでやると、途中のドローダウンに耐えられず、儲けられる時まで待てないのです。


 しかし、これは昔からある王道的手法で、やり方そのものは教科書通りにやり、違反はしませんでした。それでも負けるのです。


 どこが悪かったのでしょう。それは、やり方を習ったら、そのやり方については知っているのだから、間違っていないという誤解です。


 実は、相場は習うものではなく、やり方を自分で見つけるものだと言ったら、どれだけの人が賛成してくれるでしょうか?


 手順を示せば、相場の動きの過去のデータを調べ、現在の動きを記録して行き、自分の考えた方法で、少しずつエントリーしてみる。


 失敗は沢山するでしょう。それらが成功への肥やしになる。とにかくアイディアを出して行き、それを試す事で、いつしか自分のスタイルができ、それが自分のトレード手法になるのです。


 つまり、人から教えられたり、本で読んだことではなく、自分が考え、自分で試して出来たその手法は、本物の宝になるのです。


 この間に、多く悩み、DVDや商材、本など片っ端から買うのも良い。それらからアイディアの種を貰うのは良いのです。



 ですが、必ずそれそのものをやらない事が大事。自分の考えがそこに入っていないと使い物になりません。


 ここに、「商材は使い物にならない!」と怒る人たちは勘違いしているという事実が明らかになるのです。


   自分の手法は自分でしか見つけられないのです。


  皆様のトレードがより良きものになりますように


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。







 
posted at 13:56
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:手法を習って、一発当てて、大金持ち!
2009年07月03日

トレードの回数が多いと儲かるか?

   皆様、こんにちわ。

 トレードの回数が多ければ、利益を得る機会が増える訳だから、回数が多ければ儲けは多くなるという理屈はわかります。


 ところが、実際は売買手数料、FX、CFDならスプレットというコストが多くなりますし、ミスも多くなるので、頻繁なトレードが、利益増大に必ずしも繋がる訳ではありません。


 短期トレードのパイオニア、ラリー・ウイリアムズですら、売買の数は少ない方が良いと言っています。


 トレードの回数の多さは、現実には損失の機会の増大を招くものです。これはなかなか認識されないところです。


 トレードが洗練され、上手くなるという事は、無駄なエントリーを無くすという事に他なりません。



 失敗をする機会を出来るだけ少なくすれば、損失は減り、利益が多くなります。



 上手な人は、エントリーの回数を多くして行く人ではなく、無駄なトレードをしなくなった人の事をいいます。


 ただし、BNFさんみたいなトレードは例外かもしれません。



 皆様のトレードが上達しますようにお祈りいたします。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。







posted at 14:31
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:トレードの回数が多いと儲かるか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。