2009年10月21日

脳を衰えさせない事

   皆様、こんにちわ。



 トレードと直接関係なさそうで、すごっく関係のある話です。




 昨夜、「プロフェッショナル仕事の流儀」で、脳を老化させない方法を論議していました。




 私が秘かに思っていた事と大体同じだったようで、とても参考になりました。



 トレードをするという行為は、当然、脳が関係して来ますから、錆付いた脳ではナイスなトレードは出来ません。




 これは日中に頭を使って、悩みながらトレードをすると言っているのではありませんよ(笑)




 しかし、敏捷な判断力はトレードには不可欠なものですよね?




 それを可能にするのは、脳の若さです。




 番組では、80歳台の方の衰えていない脳のCT写真を紹介していました。




 今までは、脳は年齢と共に衰え行き、若返る事などないといわれていましたね!




 ところが、最近の脳化学では、使う事によって、衰えた脳細胞は活性化する事が解ったそうです。




 その方法は、身近の細々した事を、他人に任せず、自分でやる事だそうで、掃除や整理などを嫌がらずにせっせとやる事なんですね(笑)




 トレードでは、資料の整理、道具の整備などをコツコツ面倒くさがらずにやる事で、ナイスなトレードが出来るというわけです。


 さあ、今日から頑張りましょう!



人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。






posted at 14:35
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:脳を衰えさせない事
2009年10月19日

商品先物と為替

  皆様、こんばんわ。



 商品先物は、国際商品であれば為替の変動の影響を受けます。




 折角順行していたのに、為替の影響で値が削られたとかなんとか、商品の値動きだけではない要因に気を配る事も必要です。




 だったら、為替そのものをトレードしたほうが楽じゃあないかと思いますよね?



 私はそう思いました。



 しかし、商品相場には、為替には無い特徴があり、それは日本のFX界では見られない訳で、一概にFX有利という訳にはいきません。




 さて、商品先物には何があるのでしょう。




 それは限月という制度であり、同じ銘柄で6つの値がついてたりする事になります。




 これの何が便利かといいますと、同じ銘柄なのに6つの値があるという事は、ある値段が大きく離れて付いた場合には、その値と他の限月の値が近づくのではないか?と推測でき、そうなる確率は高いものです。



 これを利用して、限月間の価格差を取る方法をスプレットといい、古くからある、リスクの比較的少ない方法だと認識されています。



 この方法も、トレーダーの腕が必要であり、楽に儲かるという方法ではありません。



 ですが、商品相場のサヤには色んな利用方法があり、片張りでさえ、サヤを無視する事は不利になります。



 FXからトレードを始められた方は、それで上手く行っている場合は別として、商品の値動きの方が合う人もいる様なので、一度体験して欲しいものです。


人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。







 



 


 
posted at 21:17
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:商品先物と為替
2009年10月17日

投資対象を考える 商品先物 CFD

   皆様、おはようございます。



 投資対象を選ぶ事は、トレードの手法を決める上でも大事な要素ですね



 為替はトレードの中では自由性があり、今まではあまり個人に対する規制も大きいものは無かった訳ですが、レバレッジ規制を来年から実施するとなると、商品先物やCFDに目を向ける事も必要なのではないでしょうか?




 商品先物は個人のトレーダーにも有利な条件が多いものなのに、業界の怠慢や悪行により、個人投資家から見事にソッポを向かれ、今では忘れ去られた存在になってしまっています




 この為、流動性という点において、為替や株には到底及びませんが、個人のトレーダーにも有利な条件があることはなんら変りはありません



 また、CFDも様々な投機機会を多く与えてくれる事になりそうですね




 基本的にはFXで上手く行っている手法は、どこでも同じ様に使えます。銘柄のくせが違ってくるだけですね




 ところが、商品先物で使われている手法が、FX、株等に使えない事はあるんですよ



 そして、そここそ商品先物の持つ特性であり、それを利用する事も可能なんですね




 FXに全てを捧げるのだ!と誓ってない方は、商品先物やCFD、株、オプションなど、どしどし研究されてください



人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。








 
posted at 07:58
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:投資対象を考える 商品先物 CFD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。