2011年02月28日

FX脱アマトレーダー奇伝 24

サポートンとレジスタンスラインの重要性に気が付いたポン様ですが


それだけでトレードする事にはどうしても不安があった


とはいえ、何を足せば良いかというアイディアがなかなか浮かばなかった


そんな時、ふと移動平均線の事が頭に浮かび


チャートに加えてみた


ここで問題になるのは、そのパラメーターである


なんとなくではあるが、MA10というのは必要だと思いまず採用した


次は何か・・・


やはり、代表的なもので、ボリンジャーバンドでも採用されている20か、21だな


そう考え一応20を採用した


しばらくこれでやってみようと考えた


ではやり方はどうするかだが


トレンドの向きは20MAの傾きで見て、10と20がきれいに並んだ形はトレンドが出ているとし、絡んでいるときはレンジ、クロスしたらトレンドが転換する兆しだと決めて


それにサポ・レジを使って、トレンドの押し目や戻りでエントリーを考えてみた


これがなかなか良く機能してくれて、成績も良かった


だがこれは、ローソク足のパターンを読めなければやはり駄目で、MAすら補助ツールだという事を確りと把握すべきである


しかし、ポン様のやっている事は、トレードトレーニングとしては正道的なもので


上達が可能なものという、林翁の練習条件にぴったりと当てはまっているものだったのだ




      ついでにクリック頂けましたら、もんのすごい感謝いたしまっす
             
                       ↓   

             人気ブログランキングへ

              


posted at 09:51
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:FX脱アマトレーダー奇伝 24
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188165632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。