2009年06月22日

経済学は役にたつのか?

 皆様、こんにちわ。

 相場を分析する時、ファンダメンタルは重要な要素であると言われています。

 当然の事ですが、何かの経済的動きがあって相場は動く訳で、ファンダメンタルを重要視するというのは理解できます。

 しかし、私はファンダメンタルを使用して売買はしません。ただ、明日にアメリカがなくなるとかいう場合は無視はしませんよ(笑)

 私がファンダメンタルを使用しない訳は、後ほどお伝えするとしまして、相場技術の達人で、理論派でもあった立花義正氏のお言葉をまず、載せます。

「相場の動きは全て社会現象です。ですから経済学で説明はつくのです。しかし、それはあくまでも客観的分析の場合であって、一人の人間が売買する時には経済学では説明がつかなくなるのです。」

 さて、このお言葉、別の例で示しますと分かり易くなるかと思います。

 例えば車を運転するとしましょう。車は精密な機械ですから、その動きは機械工学で説明がつきますが、24時間耐久レース等では、新品のバッテリーがたった一周で駄目になったり、あれだけ点検したところが故障してしまうなど、実際には理論など役に立たなくなるそうです。

 ましてや、そこに人が運転するというファクターが加われば、想定外の事は幾らでも出てきます。

 相場も同じように、経済学の博士級の知識を持っていても、個人が相場をやるのですから、経済学の想定外の行動をしてしまう事など当たり前にあるのではないでしょうか?

 私はこの事を考慮して、自分の資料にはファンダメンタルを入れません。世界的な大きな動きのあった時は、メモはします。例えばリーマンショックなどの時の事です。

 ですが、それで売買は出来ません。だってそれは起こってから名前が付いたんですもの(笑)

 自分の技術で売買をし、利益をあげて行くのは、場帖とグラフと研究ノート位で充分です。

 数十億を扱わなければならないのなら、情報も有料で月100万以上はかけるべきなのかも知れませんが、数百万〜数千万位を動かす個人に、情報は邪魔だと思います。

 その証拠に、情報に詳しいトレーダーで儲けているといえる人を、私は見た事がありません。

 でも、私が見た事がないというだけで、世の中のいはいるかも知れませんので、断言はできませんね。

 私の知る限り、1億くらいまでを儲けた人で、情報が大事と言った人はいなかったです。

 情報に頼らないで、自分の売買を心がける事をお奨めいたします。

 立花義正氏の本はこれ、名著です。
 ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HWA8I+ES9KD6+2I+HUD03&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.tradersshop.com%2Fbin%2Fshowprod%3Fc%3D9784496013560

人気ブログランキングへ ←クリック頂けたら幸いです。


ブログランキング 通貨/為替 ←もし、嫌でなければ、ポチっと押してくださいませ。





 
posted at 13:15
Comment(2) | TrackBack(1)
カテゴリー:日記
エントリー:経済学は役にたつのか?
この記事へのコメント
マスティアンさん

はじめまして!

匠のブログにコメントありがとうございました。

マスティアンさんは、匠と同い年なんですね。

なんとなく親近感が沸きます。

さて、純粋な経済学ではありませんが、その一テーマである証券投資論では、ファンダメンタル分析やテクニカル分析などの「証券分析」と建玉法に代表される「ポートフォリオ・マネジメント」という二つの軸があります。

匠が知ってる限り、儲かってる人の証券分析手法は様々ですが、共通しているのは自分なりの建玉マネジメントをしっかりと行っていることだと思います。

これからも記事楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。
Posted by at 2009年06月22日 19:09
匠さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。

 同い年なんですか!これからもよろしくお願いします。

 さて、仰る通り、儲かる人はポジションサイジングのゲームをしていますよね。儲からない人は、当てる事に心血を注ぎます。

 資金管理、建て玉管理の技術に目覚めてこそ、安定して儲ける事が出来るようになるのですよね。
Posted by マスティアン at 2009年06月22日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121993728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

相場をする時の心構え―ギャン
Excerpt: 100年に1度と言われる金融危機、資産運用を考える上で伝説の投資家“W.D.Ga
Weblog: 独立系証券マン(IFA)の資産運用ブログ
Tracked: 2009-06-22 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。